パーレー法とマーチンゲール法の違いからわかる最適なやめどき

パーレー法とマーチンゲール法の違いからわかる最適なやめどき
パーレー法とマーチンゲール法は、どちらもオンラインカジノで使える攻略法ではありますが、両者には大きな違いがあります。
マーチンゲール法のやめどきはハッキリとしていますが、パーレー法にはそれが無く、プレイヤー自身で設定しなければいけません。
ではパーレー法にとって最適なやめどきはどんなタイミングなのでしょうか?
ここではパーレー法とマーチンゲール法の違いからわかる最適なやめどきについてご紹介していきますので、是非実践のお役に立てれば嬉しいです。
ただしパーレー法は勝率をアップさせる「攻略法」であり、必ず勝てる「必勝法」ではありませんので深追いにはご注意ください。

まずはマーチンゲール法を知る

パーレー法を知る前にまずはマーチンゲール法について理解する必要があります。
マーチンゲール法とは、配当2倍となるオンラインカジノのゲームに有効な攻略法で、コツコツと少しづつ稼ぎを増やしていきます。
簡単に言ってしまえば、「勝ったら利益確定!負けたら倍賭けで損失回収+利益」となるのがマーチンゲール法です。
具体的には1ドルをベットし、勝ったら配当2倍で1ドルの利益が確定しますが、負けたら2ドルを次ゲームへベットします。
ここで勝てば2ドルの配当を得られますが、すでに3ドルを持ち出しているため、利益は初回勝利時と同じで1ドルです。
その後も負ける度に倍額をベットし、いつどんなタイミングで勝とうが常に利益は初回ベット金額と同じです。

パーレー法のやり方

パーレー法のやり方
パーレー法は、上記で解説したマーチンゲール法と逆のことをする攻略法です。
こちらもマーチンゲール法と同様に配当2倍のゲームに有効で、勝ったら倍賭けを繰り返すことで、最終的に大きな利益を得られます。
しかし途中で負けてしまった場合、どんなに連勝していようがその時点で、初回ベット金額分の損失が確定します。
例えば1ドル→2ドル→4ドル→8ドル→16ドルと連勝が続くことで、利益も1ドル→3ドル→7ドル→15ドル→31ドルとアップしていきます。
常に初回ベット金額分の利益のみしか得られないマーチンゲール法とは全く異なることがわかります。
つまりマーチンゲール法は守りの攻略法に対し、パーレー法は攻めの攻略法と言えます。

パーレー法のやめどきは5連勝

パーレー法のやり方を理解しますと、「あれ?連勝すればするほど利益が上がることは理解できたけど、いつやめるの?」という疑問が生じます。
マーチンゲール法は勝った時点がやめどきとなり単純明快ですが、パーレー法は性質が全く異なるため、明確なやめどきは存在しません。
しかし連勝確率を考慮することで、現実的なやめどきがハッキリとしてきます。
単純に50%の確率で勝利する場合、50%(1勝)→25%(2連勝)→12.50%(3連勝)→6.25%(4連勝)→3.125%(5連勝)→1.563%(6連勝)→0.781%(7連勝)→0.391%(8連勝)と連勝が続くことで確率もどんどん下がっていきます。
4連勝の6.25%でしたら現実的ですが、6連勝の1.563%ですと少々厳しいです。
そう考えますと、その間を取って5連勝が最適なやめどきと言っても良いでしょう。
どれだけ高く設定しても6連勝までで、1%を下回る7連勝にやめどきを設定するのは避けた方が無難です。

時には損切りする覚悟を持つ

どんなにパーレー法のやめどきを設定したとしても、そこに到達しない限り資金は少しづつ減っていきます。
5連勝の3.125%であっても、よく考えれば100回に3回程度しか到達しないため、残りの97回は全て損失ゲームとなります。
つまり確率通りではほぼ勝てなく、確率という壁を超えなければいけません。
もし確率の壁を超えることができなければ損失はどんどん膨らんでいき、取り戻すことが不可能な状態に陥ってしまう恐れがあります。
だからこそ重要なのは損切りの覚悟を持つことで、「10回連速で失敗したら損切り」「資金の半分を失ったら損切り」などのように、具体的な損切りタイミングを決めましょう。
ここで「これだけ負けているのだからそろそろ勝つに決まってる」と考えてしまう方がいますが、それは完全な思考停止状態です。
確率の世界に「そろそろ勝つだろう」という根拠は存在しなく、常に一定の確率で進んでいきます。
思考を停止せず、損切りタイミングはきちんと守り、覚悟を決めて損失を確定させましょう。

まとめ

まとめ
今回は、パーレー法とマーチンゲール法の違いからわかる最適なやめどきについて書かせていただきましたが、どれだけパーレー法にとってやめどきが重要なのかをご理解いただけたかと思います。
パーレー法はマーチンゲール方とは全く異なり、決められたやめどきは存在しません。
だからこそ連勝確率を考慮し、4連勝か5連勝程度にやめどきを設定しましょう。
「俺は10連勝するまでやめない」という気持ちも理解できます。
10連勝時の獲得金額は、初回ベット1ドルでも1,023ドルにもなりますので、非常に夢があります。
しかし10連勝する確率は0.098%と非常に低く現実的ではありません。
どれだけ高く設定しても6連勝までにしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。